《キミが光であるために》歌詞:by こだまさおり 小野賢章 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

キミが光であるために-小野賢章

作詞:こだまさおり

作曲:宮崎誠

編曲:宮崎誠

存在の意義はなんだ? 突き詰めれば理由になる

キミとボクとが出會えば その理由はきっと希望になる

足りないもの數えて 不甲斐ないのも自由さ

だけどつまらない顔して 思ったより正直だ

ボクたちは獨りだって 頑張っていたかもしれない

うまれる可能性があること ずっと知らずに

キミの光が強いほど ボクは自由になれる

引き出しあえる力で ここで、ここで、確かに

キミが自由になるほど ボクの影が際立つ

それは奇跡にも負けない 次の手がかりと呼べる

好きなことだから余計 嫌いになった日もあるよ

心がザラつくワケは いつだってちゃんと心にある

何が大切なのか それぞれ違うとしても

別に責めたりはしないね 自分らしくお互いに

ボクたちは1人ずつが 精一杯強くなろう

より大きな力をあわせる 明日になるため

目映いくらいのスピードで 息を飲むようなプレイで

もっと渡しあえるんだ ここで、ここで、必ず

役割はひとつじゃない 深めて高めてもっと

それはいつよりもボクらしい そんな手応えがあって

キミの光が強いほど ボクは自由になれる

引き出しあえる力で ここで、ここで、確かに

キミが自由になるほど ボクの影が際立つ

それは奇跡にも負けない 次の手がかりと呼べる

You may also like...