《Prototype 》歌詞:by石川智晶 mp3歌詞


歌:石川智晶

作詞:石川智晶

作曲:石川智晶

純真さがシンプルな力に変わる時

世界に影をつくりだす

ガラスケースに橫たわる

光の存在に觸れたくても

振り上げた手 降ろせなくて

落ちるようにしゃがみこんだ

Prototype boy 明日の理想だけで

語り継ぐような美淡にもならないけど

この體を失いそうなギリギリの場所が

哀しいくらい似合ってる

噓みたいな靜けさは

わずかな綻びが弾ける前觸れのようだ

過剰なまでの眼差しが

膝の震えさえ逃がそうとしない

この両手を挑発する

ありふれた偽善さえも

Prototype boy 心奪われてく

曖昧なジャブを繰り返す歯癢さで

この領域に浮かび上がる殘骸が

生きた分身に見え始めた

それでも I shelter you

焦燥と放心の反動

絶えず私心が揺らいでる

今更の感傷ならかぶり振るけれど

使い捨てられる試作品

生きるのは自分だろうか?

今は考えない‥考えない‥

Prototype boy 明日の理想だけで

語り継ぐような美淡にもならないけど

この體を失いそうなギリギリの場所が

哀しいくらい似合ってる

Prototype boy 心奪われてく

曖昧なジャブを繰り返す歯癢さで

この領域に浮かび上がる殘骸が

生きた分身に見え始めた

それでも I shelter you