《七月の友だち》歌詞:by 熊木杏里 熊木杏里 mp3歌詞


教室に靴がはりついて ひじをついた機は飛行船

制服のスカートはいつも 自由を夢見てた

私の名を呼んでくれるのは あなただけだった

都會のお嬢様たちと 進んだ話をしてた

あなたが誰とも區別しないから

ついてゆこうと思った

そう あなたは私のあこがれ 夏の太陽のように

行く気がしなかった學校に おろしたての友だち

卒業に夢が重なって 私も少し強くなったけど

心に染みこんだ日々が あなたを呼び寄せた

大人には理由もないけど なりたくなかった

翼のない船のように 流されないように

これから訪れる 新しい生活に

忘れ物をとりにゆく

でもあなたは私のあこがれ 時が教えてくれる

風にゆれた短いスカートも 夏の短さも

面影は校舎の外の 道ばたにある

そして思い出は 季節の中にある

そう あなたは私のあこがれ 夏の太陽のように

行く気がしなかった 學校に おろしたての友だち