《グラスレッドの肖像》歌詞:by mothy悪ノP mothy mp3歌詞


mothy_悪ノP

グラスレッドの肖像

mothy_悪ノP feat.GUMI

作詞:mothy

作曲:mothy

キャンバスの上へ筆を走らせ

あの人の絵を描いた

思い出の隅にあるこの顏には

もう會えない

ずっと

変わってしまったのは

いつからだっただろうか

あなたがあなたのままなら

違う結末だったかも

なんて 今さらだね

――絵の中の君はもういない

君の顏が好きだったわけじゃない

それでもずっと描き続けた

いつしか部屋は君の似顏絵で満たされた

求めたのは君の顏じゃない

ありのままの本當の君

だけどね 君も私もその事に

気づけなかった

燃やされた肖像畫

“この顏は嫌いだ”と君は言った

本當に丑かったのは

君の顏じゃなく

きっと……

淺はかな考えで

君の事馬鹿にした

次に會った時あなたは

違う人になっていた

そう まるで別人だった

――絵の中の君はもういない

たとえ君が思い出の記憶と

違ったとしても 幸せならば

それでもいいのかもしれないと思ってた

変わることが悪いわけじゃない

でも本當に必要なのは

変われない自分も受け入れるという事

気づけなかった

君は生き続ける

私の描いた絵の中で

それがたとえ君の望んでた

姿ではないとしても

そう 君があの時

最后に言おうとしていた言葉

それが何だかはわかってる

ずっと前から知ってた

君の事が好きだったかもしれない

だからずっと描き続けた

いつしか部屋は君の思い出で満たされた

求めたのは君の顏じゃない

ありのままの本當の君

だけどね 君も私もその事に

気づけなかった