《花霞》歌詞:by夏川りみ mp3歌詞

溫馨提示:美國Kindle友兩重福利 免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Amazon Audible 30天

夏川りみ – 花霞

作?:妹尾武

作曲:妹尾武

?曲:妹尾武

淡く薫る風に ひとり揺られながら

想いはるか 宙に描く 愛し君の面影

振り返ればいつでも 海へと続く道

寄せて返す波のかけら

手を引かれて歩いた

この宙のどこかに 逢いたい人がいる

ひとつ ふたつ 夢を紡ぎ

花を咲かせましょう

雨を降らす雲は やがて海に還る

昨日じゃなく 明日じゃなく

今を生きてゆきたい

この海に抱かれて

眠るその瞬間(とき)まで

ひとつ ふたつ 波を紡ぎ

願いかなえましょう

想い出はいつしか 仄か花霞

チラリ ホラリ 風に吹かれ

愛へかけてゆく

生まれた時から

終わりのない旅が始まる

喜びや哀しみ 胸に抱きしめて

想い出はいつしか 遠い花霞

チラリ ホラリ 四季(とき)を重ね

愛は語り継がれる

この宙のどこかに 逢いたい人がいる

ひとつ ふたつ 夢を紡ぎ

花を咲かせましょう

想い出はいつしか 仄か花霞

チラリ ホラリ 風に吹かれ

明日へかけてゆく

おわり