《帰省》歌詞:by 中島みゆき 中島みゆき mp3歌詞


遠い國の客には笑われるけれど

押し合わなけりゃ街は 電車にも乗れない

まるで人のすべてが敵というように

肩を張り肘を張り 押しのけ合ってゆく

けれど年に2回 8月と1月

人ははにかんで道を譲る 故郷(ふるさと)からの帰り

束の間 人を信じたら

もう半年がんばれる

機械たちを相手に言葉は要らない

決まりきった身ぶりで街は流れてゆく

人は多くなるほど 物に見えてくる

ころんだ人をよけて 交差點(スクランブル)を渡る

※けれど年に2回 8月と1月

人は振り向いて足をとめる 故郷からの帰り

束の間 人を信じたら

もう半年がんばれる※

(※くり返し)