《歳月》歌詞:by 笥簞 魂音泉 mp3歌詞

喜歡音樂的朋友現在可以免費使用Amazon Music Unlimited 30天,5千萬首歌曲無限制聆聽!



無需破費用 30天Kindle unlimited:https://amzn.to/2NNksoy

無需破費用 Audible有聲書30天:https://amzn.to/2MPAazN

感受一下Audible有聲書的魅力!近90天新發布的121本中文Audible有聲書,可免費领取任意2本

歳月

arrangement: Coro

lyrics: 笥簞

vocals: たまちゃん

original title: 砕月

東屋も御殿も友達が

寄ると觸ると宴になる

一度十度と會合を重ね

ついに我が身となり

笑聲の空音 後ろ髪を引き

顧みる道に影は無く

蟬さめざめ時雨る申の刻

風噎び頬撫でる

いずれの日にか つどいし時を

夢見る夜は未だ來ずとも

思えば遙か 春の雪

降らねば溶けもせず

人戀しさに夕げの箸を置き

鐘の遠鳴りに耳澄ます

百年千年歳月を積み

ついに我のみとなり

凪の間に探す波紋は消えて

省みる先に道は無く

燐雲漂うさま口惜しいほど

嗚呼まほろばの日よ

いずくの地にか つどいし友と

再會を願えばまた夢にし

思い及ばず 三日桜

咲かねば散りもせず

永久をはずりし今に在り

剎那に散るは定めなれども

今宵の縁は切れる事無し

散れども咲き誇れ

寫在最後,喜歡音樂的朋友現在可以免費使用Amazon Music Unlimited 30天,5千萬首歌曲無限制聆聽!





You may also like...