《Glaring Dream(コタニ キンヤ)》歌詞:by Mad Soldiers 淺倉大介 mp3歌詞


にぎやかな 人ごみに 溶ける 呟きが

足元に 散らばった 思い出 にじませる

迷い 歩く 街の輝きは glaring one way

凍えそうな ぼくを 照らす

冷たい時間(とき)が 夢を降らせる この手の中を すり抜けて

願い數え 目覚めたときに ゆれる幻に君が映る

ぼくを導く 微かな シルエット

流される 不安だけを 告げる 優しさも

永遠に満たされた 明日も 欲しくない

君に屆けるはずの 言葉は It's talk to my self

影も無く 日々に墮ちる

震える指で 夢を重ねる 息も 出來ずに 崩れてく

確かなこと 不確かすぎて 何を信じれば 君に會える?

白く消えてく あの日のシルエット

淡く染まる 季節を見上げる Life Winter Dream

立ち止まる ぼくを さらう

風に消される とり殘される 胸にかじがむ憧れも

冷たい時間(とき)が 夢に漂う その手の中に 受け止めて

願い數え 目覚めたときに ゆれる幻に君が映る

ぼくを導く 微かな シルエット