《reminiscence》歌詞:by 岡崎律子 岡崎律子 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

春の風吹く道で

あなた想えば 甘い記憶

ここで待ちあわせした

あなたに早く話したくて

いつもいつも つきあわせてごめん

夢中になると何もみえなくなって

つまずいても そばで笑ってくれる

守られていた

空のひらけた川辺

二人の夢を高く飛ばそう

風に乗ったラジコン

空を滑り やがて落ちた

いつか こんな空の下で

どんな夢をみているだろう

まだ知らないまま

ずっとそばにいたい そう思ってた

守られていた

今も思う あのサヨナラの時

今 この指を決して離してはだめ

知っていたのに なぜ

私にはその覚悟がなくて

You may also like...