《夏の果てまで》歌詞:by 茶太 茶太 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

夏の果てまで

直至夏末

ひかる緑を すり抜け

いつもの道を行く

君に會いに

見上げた空は 晴れ

遠い入道雲 蓋のように被さる

夏が來たと笑って

今年の君も海戀しがる

穿過綠海

還是往常的道路

去見你的道路

抬頭仰望 是一片晴空

遠方的積雨云 層層疊疊

“夏天來了呢” 你笑著說著

這一年的你 依舊想要去海邊

覚えてるよ いつまでも この風景を

白く反射した部屋 時間を

我還記得 這樣的光景 已持續了很久

在這白色房間的悠長時間

あと何度君の名を呼べる?

その笑みが返す聲を聞ける?

昨日の続きを この先へずっと

紡いで欲しいと願いながら

翳りゆく明日を

手繰っていく

還能叫喚你名字的時光還有多久呢?

還能再次聽見帶著笑容的回應嗎?

昨日的光景 還想再繼續下去

一邊祈愿著

一邊被陰暗的明天

牽引而去

遠いざわめき 誰かの

笑い聲響いてく

窓の外で

揺れるカーテンと 風

遠い入道雲 誘うように流れる

夏が來たと笑って

今年の僕も君の手を握る

遠方傳來了人們的

歡聲笑語

窗外

是飄動的窗簾和 清風

遠方的積雨云 緩緩流動

夏天來了呢 我笑著說著

這一年的我 依舊握住了你的手

覚えててね いつの日も どんな時でも

僕は君の幸せ 祈るよ

你也知曉 無論遠去的昔日 還是眼前的未來

我都會為你的幸福 繼續禱告

また明日 って立つ そのたびに

伏せた目で告げられる 別れ

そのまま手を引いて

浜辺を君と歩けたらと

夢見ながら

細くなる未來

噛み締める

明天再見哦 我這樣說著

你垂下的雙眼 也像在輕輕地說著再見

就這樣牽起你的手

在海邊散起了步

一邊夢見這樣的光景

一邊咬緊嘴唇面對

愈發渺茫的未來

You may also like...