《落日 (Live)》歌詞:by東京事変 mp3歌詞



居然在這裡!免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Audible 30天;無限暢聽浪漫和美好的故事,免費試用Audible Escape一個月

君は產まれ仆に出會い 春を憂い秋を見た

記憶を辿る過程で あどけない君の寫真に

認めたのは 仆が所詮 季節すら知らない事

現在では聲を失くした君だけが映す月花

「當てにならないことばかり」って

嘆いたこの舌の根でさえも

乾く前に期待を仄めかす

まるで手応えの得られぬ夜

また一つ小さく冷えていく 生命を抱いた

雪に生れ何時も笑い

雨を嫌い此処に居た

確かなのは只唯一君のさっき迄の溫もり

「何が悲しい?」と尋かれたって

何も哀しんでなど居ないさ

丁度太陽が去っただけだろう

微かな希望と裏腹に

ごく當たり前の白け切った夕日を迎えた

獨りきり置いて行かれたって

サヨナラを言うのは可笑しいさ

丁度太陽が去っただけだろう

仆は偶然君に出遭って

ごく當たり前に慈しんで

夕日を迎えた

さあ もう笑うよ

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...