《戀心 輝きながら》歌詞:by 荒神直規 Naifu mp3歌詞


Naifu

戀心 輝きながら

作詞:荒神直規

作曲:森下志音

降り続く 雪の中

傘をさして 君に會いに行く

初めて自分以外に 大切なもの

“本気で守りたいよ”と 振り返る街に誓った

立ち止まらないように また歩き出す 君が待っているから

戀心 輝きながら また夢を見る事に決めた

14年目にして 自分もう一度リセットして再生してみるよ

木漏れ日が 虹にあたって揺れている

時間は優しく 殘酷に微笑む

限りある 運命の中

君だけを ずっと心に抱きしめて

肌を剌す風 それだけでも

切ない気持ちになるのは何故?

優しい溫もりが欲しかった日々

君がいない寂しさは君じゃなきゃ 愈せないと分かったから

これから來る春にさえ未來を見ず 君への想いで心を閉じた

戀心 輝きながら まだ笑えるんだと笑った

結末は想像を超えるのかな?

他人のように 自分を見て

この距離に 生まれた心揺れている

時間は確かに進んでいたから

伝えたいのは あの日の后悔じゃなく

今、気付いた 君へのこの想いだけ

戀心 輝きながら この夢を見る事に決めた

君となら どんな未來にでも

きっと耐えられる 気がしたから

溶けていく 今、雪が全て溶けていく

時間が過ぎるのも 嬉しく思えた

光の側を歩く影になる

君だけを ずっとこの腕に抱きしめて