《忘我に搖れる孤高の花》歌詞:by少女病 mp3歌詞


忘我に揺れる孤高の花

『セカイを否定するように眠り続ける、神の圣遺骸。

同じ領域に立つモノとの爭いに敗れたのか。

或いは、望んでその身を墮としたのか。

殘骸となって尚信仰され続けるそれは、歪に物語の輪を広げて……』

「必死になってしがみつく必要なんてない。

現実なんてもう、出來の悪い悪夢でしかないのだから……」

「どうかお救いください、神様……!」

少女には何を喪おうと 力を追い求める必要があった

少女にはそれ以外の選択肢は 何一つとして殘されていなかった

神を騙って偏在する兇夢【Reve】

打ち舍てられた忘我の聲に 丑悪な笑みを浮かべ

幾億の幸福論者がいたとしても 全てを否定しよう

忘れられ崩れ落ちたこの場所から 孤高の花は舞い上がる

少女の探し求めていた 力の根源たる純然な光

「あれこそが、ああ……神の圣骸」

廃墟に抱かれるままその奇跡は眠って……

指し示されて導かれるまま

瘦せ細りくたびれたその手て 圣骸へと觸れる

幾千もの不幸論者がいたとしても それさえ否定しよう

彼らが思う以上の絕望があることを 少女は識っていて

決して真意はみせず 誰にも心開かず

日の下を避けるように生きて

一人きりでもいい 殘響する音像だけを肯定しよう

忘れられ崩れ落ちたこの場所から

孤高の花は舞い上がれ

行く先は険しく先端さえまだ見えないけれど

手段なら選びはしない 薄汚れた殘骸だって利用しよう

『アナスタジア。圣骸に導かれ、その神の名を継ぎし者。

少女は過去を舍て、名を舍てて。敬虔な圣女に身をやつした。

人は深い畏敬をもって。

それと同時に、本能的な畏怖をもってそれを迎えた』

『新たな胎動は、徵かな光を。

そして、言語化された嘆きを制御して……』

「いくよ、アナスタジア——————」

翻譯:羽鳥白:

『如同要否定世界一般沉睡著的,神的圣遺骸。

是敗在與站在同一領域之人中的爭斗中呢?

或者是,懷著希望墮落呢?

變成殘骸后仍堅持著信仰,那是,轉動扭曲的物語的齒輪的動力……』

「沒必要拼命的緊抓不放。

因為現實中,只剩下無能為力的惡夢了」

「請降下您的救贖吧,神啊……!」

少女有著無論失去什么都要追求力量的必要

少女已經沒有除此以外的選擇了

欺騙神 不均勻的兇夢(Reve)

用置之不顧的忘我的聲音 彈奏起丑惡的笑聲

就算有幾億的幸福論者在 也全部否定給你看

被遺忘的崩潰的這個地方 升起一朵孤高之花

少女所尋覓的 集成力量的根源是純潔的光芒

「那個才是,啊啊……神之圣骸」

躺在廢墟的懷抱中 那個奇跡正在沉睡……

受著指示的引導

少女用那消瘦且疲乏的手 觸摸了圣骸

就算有幾億的不幸論者在 也全部否定給你看

少女是知道的 超乎他們想象的絕望是存在的

絕對不讓任何人看穿本心

不對任何人打開心扉

如同避開陽光一樣的 生存著

就算孤身一人也無所謂 只把余響的音像肯定給你看

被遺忘的崩潰的這個地方 升起一朵孤高之花

雖然道路的彼方連險惡的盡頭都看不到

不過我會不擇手段

只選擇 使用這污穢的殘骸

『安娜斯塔吉亞(アナスタジア)。受圣骸引導,繼承神之名之人。

少女舍棄了過去,舍棄了名字。偽裝成了虔誠的圣女的樣子。

人們對她保持著深深的敬畏。

同時,也保持著本能的畏懼,迎接了這個事實』

『新生的萌芽,把微弱的光

和,言語化的嘆息 支配了』

「要走了哦,安娜斯塔吉亞(アナスタジア)————」