《真実の羽根》歌詞:by やなぎなぎ やなぎなぎ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

目が覚めて伝わる

色艶の無い溫度

立ち上がろうとして崩れていく砂の足

海のような群青漂って

終わりまで何も言えなかった

華奢な輪郭思い出す

遠ざかる心度の距離

ゆっくり満ちる次の記憶の箱

開き続けたならいつか出會えるのだろうか

そんな夢を見続けてる

同じ世界で

同じ時間で

ずっと

まっさらな翼を一欠片手にとって

銀色の上皿へ

変化していくトルク

差し出すのは心臓

薄鈍で どちらにも染まりきれなかった

笑みと涙が混ざった様な

舞い上がる最後の羽根

靜かに落ちる

影を殘したまま

そうして天秤は二度と傾くことは無く

旅の果てに在るだろうか

憧憬に似た真実の場所が

久遠の先の先まで求め歩いた

揺らめく視界の炎

ふっつり消えて 道を途切れさせた

今は瞼の裏光る點を頼りにして

旅の果てに見つけるだろう

永遠の向こう

真実の羽根を

即日起至2020年5月11日,使用推薦鏈接註冊Rakuten,推薦人和被推薦人均可以獲得$30,平常推薦獎勵一般為$10。

You may also like...