《a little more》歌詞:by 日山尚 霜月はるか mp3歌詞


降り注ぐ星の光の中

見上げる夜空(そら)に

あと少し手を伸ばせたら——

揺れる私の想いを

空模様のせいにして

溜息つくだけの日常に

かけられた言葉

心の奧へ素直に染(し)みこんでゆく

出逢った日のことを

照れながら笑うあなたは

心地良い潮風(かぜ)のようだった

今はただこうして

すぐそこに居るだけでいい

ささやかな愿いの夢を見ながら

海沿いの道をひとり歩く あなたの背中

追いかけてく勇気がほしいのに

あと一歩踏み出せた時には

私の気持ち

もう少し伝えられたら

季節外れの花びら拾う私の指先

照らしてる夕陽は眩しくて

また 言いたいこと何も言えずに

よそ見をするふりをした

気づいているのかな

ぼんやり過ごす毎日も

あなたの聲が煌(きら)めかせる

今はただこうして

すぐ傍に居るだけでいい

ささやかな愿いを胸に閉じ込め

繰り返す波の音を聞いて 閉じた瞼に

灼(や)きついてるあなたのシルエット

欲張りな私の感情を抑えきれない

もう少し近づきたいよ

出逢ったあの日から

真剣に語るあなたは

爽やかな潮風(かぜ)のようだった

本當は觸れたくて

すぐ傍にいてほしいよと

ささやかな愿いをそっと呟(つぶや)く

降り注ぐ星の光の中

見上げる夜空(そら)は

二人だけの世界を照らしてる

聞こえそう

鼓動の音だけが響いているよ

あと少し手を伸ばせたら——

Fin