《春隣 》歌詞:by 熊木杏里 熊木杏里 mp3歌詞

會えなくて またひとつ

さみしさからの風が吹いた

肩に手をのせるような

君のやさしさに似て

重なり合わないことが

あたりまえならば

もっとそばに歩みよっても

夢は終わらないでしょう

君とぼく ぼくと君

この地上で再び會えた

ずっと前 ずっと前

君とぼくは春隣

冬を渡り 咲いてゆく

いつか花となる

ちがう道をゆくけれど

同じ気持ちだから

ずっとそばに感じられると

君はいつか言ってたね

ぼくの右 君の左

ふたりに帰れる日がくる

離れても 離れても

君とぼくは春隣

それぞれのままにいて

ひとつ花になる

いつまでも いつまでも

君にはぼくが春隣

流れてゆく月日さえ

?しいと思える

ずっと前 ずっと前

君とぼくは春隣

笑い泣いて共にゆく

いつか花となる