《夜桜街道》歌詞:by TOKINEamp憐歌 舞風 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

夜桜街道

作曲(原作):ZUN 編曲:時音(TOKINE)

作詞:TOKINE&憐歌 歌:沙紗 飛鳥

永き有限の時の 陰に見ゆおぼろ月

春の來ない桜よ 今、幽雅に咲かせ

欲深き霊魂の 色めき騷ぐ夜に

瞬き蒼し月の光が 誘う黒鳳蝶(くろあげは)

めくるめく心宿りし 命つなぐ篝火に

今は唯夢在りし 空の杯 揭げて

深き幽玄の時よ 咲き亂れ花見酒

ひらり彩舞う 忘れし日の記憶

一人戸外降り立ち 仰ぎ見る佐保姫(さほひめ)

社に咲く木々のさざめく 美しき春息吹

慈しみ憐れ生き行く 虛ろなる虛言の世と

終焉の知らぬ夢を 空の身體に 重ねて

うら深し幽玄の時よ 淡き黒に染め上げ

死して尚散り敷く 儚し花吹雪

永き有限の花の 陰に見ゆおぼろ月

廻る時の褥に 幽し夢を見る

死してなお楚々と芽吹く

散ればこそ美しき春の來ない桜よ

今、幽雅に咲かせ

永久凝滯之時,花陰搖曳月色朦朧

春分未至此刻,幽櫻素雅凜然盛放

罪孽深重之靈騷動之夜 青蒼月光閃耀 魅惑黑鳳蝶起舞

目眩暉光天邊心宿,生命之火跳躍

此刻恍若夢中,只愿高抬酒樽一醉千愁

深遠幽玄之刻,落英繽紛花見酒

鮮妍翩然飛舞 往昔早已忘懷的記憶浮現眼前

獨自立在郊外之時,恍惚間仰見春之蹤跡

神社中正當花期森木葳蕤茂盛,春風搖曳之下紛亂迷離

懷抱悲憐平和之心走過此生,在這謊言與空洞的世間中

只在此刻,將此身軀交托于不知何時將會迎來終末的夢境之中

將那深遠幽玄的時代背后,用墨色遍染

永久和上雙眼的時刻仍舊凋零著,雪般輕盈美麗如幻的花瓣

永世僅此一次之花 搖曳花陰月色朦朧

時光流轉 褥中入夢 幽然的見此景

閉上雙眼前所看見的新放之花,即便我的時間停止也楚楚盛放

春日未至之刻 幽雅盛放之桜

…凋零方為最美之刻

You may also like...