《White Eternity》歌詞:by 山本美禰子 新田恵海 mp3歌詞


雪の舞い散る空見上げて

遠い記憶をたどった

白く輝く想いは今

出會えた奇跡のなか

歩き出す

ひとり泣いて

見上げてた空の向こうから

ひらり頬に

ひとひらの冬が口づけた

めぐり逢えた奇跡

ありふれた偶然じゃない

白い指に觸れた

暖かさをずっと

守りたい

雪の舞い散る丘で

世界がふたりを白く染める

汚(けが)れない輝きで

出會えた奇跡のなか

抱きしめて

ふたり笑う

何気ない日々の向こう側

同じ記憶

あの日から分かっていたよね

めぐる季節のように

くり返す運命なら

何度でも誓うよ

その笑顔をずっと

守りたい

星の雨降る丘で

ふたりが世界の色を染める

汚れない瞬(またた)きで

見つめた瞳のmystic

輝いて

白く滲む指先に

觸れては消えゆく幻

新しい季節を待つ

想いが空へと還る日まで…

雪の舞い散る丘で

世界がふたりを白く染める

汚れない輝きで

出會えた奇跡のなか

抱きしめて