《貓になりたい》歌詞:by 草野正宗 Spitz mp3歌詞


貓になりたい – Spitz

想要變成貓

燈りを消したまま 話を続けたら

關著燈講故事的話

ガラスの向こう側で 星がひとつ消えた

在玻璃窗的另一側 有一顆星星消失了

空回りしながら 通りを駆け抜けて

漫無目的 穿過馬路

砕けるその時は 君の名前だけ呼ぶよ

支離破碎的時候 只是喊著你的名字

広すぎる霊園のそばの このアパートは薄曇り

過於寬闊的墓地的旁邊 公寓被些許陰雲籠罩

暖かい幻を見てた

看到了溫暖的幻象

貓になりたい 君の腕の中

想要變成貓 在你的臂彎之中

寂しい夜が終わるまで ここにいたいよ

直到寂寞的長夜終結 都想一直待在這裡

貓になりたい 言葉は儚い

想要變成貓 言語是虛幻的

消えないように傷つけてあげるよ

將不會消失的傷 給予你

目を閉じて浮かべた 密やかな逃げ場所は

閉上眼浮現出的 寂靜的逃避的場所

シチリアの浜辺の絵葉書とよく似てた

與印著西西里島海岸的明信片多麼相似

砂ぼこりにまみれて歩く

沾滿沙塵地走著

街は季節を嫌ってる

街道也嫌惡這樣的季節

作られた安らぎを捨てて

捨棄掉這被造出的安寧

貓になりたい 君の腕の中

想要變成貓 在你的臂彎之中

寂しい夜が終わるまで ここにいたいよ

直到寂寞的長夜終結 都想一直待在這裡

貓になりたい 言葉は儚い

想要變成貓 言語是虛幻的

消えないように傷つけてあげるよ

將不會消失的傷 給予你