《宵闇花火》歌詞:by 葉月ゆら 葉月ゆら mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

宵闇花火

歌:葉月ゆら

作詞:葉月ゆら

作曲:drop

夕暮れに手を振る子たち

戻る場所の無い、私

夜の風と遊びながら

踏み込んだ宵闇の中

「君ハ何処ヘ行クノ?」

狐の面が笑う

何処へでも連れて行って欲しい

痛みの無い場所

木々達は さらりと揺れて

唇に露を落とす

蛍火が森を照らした

手を取って誘う狐

「君ト共ニ行クヨ」

銀色の髪 揺れる

誓いの簪付けたら

嘆きの無い場所へ

赤い鳥居をくぐり抜け

石畳の其の先で

歌う夜の子達

鬼や鬼 手の鳴るほうへ

闇に浮かぶ彼岸花

紅い色 契彩

鮮やかに川を燃やし

帰り道もわからない

誰からも觸れてもらえず

誰からも愛されずに

顔は黒く爛れて

只、隠し恥らうばかり

「君ハ何ヲ視ルノ」

狐の面が嘆く

美しい心は白い胸に

光っている

夜に咲く鬼火の群れ

祝言を祝う鴉

涙聲 囁く聲

嗚呼、後ろの正面だぁれ

震える手離さないで

貴方が居れば其れで良い

揺れる影が交差する

切ない聲一つに成る

赤い鳥居をくぐり抜け

石畳の其の先で

歌う夜の子達

鬼や鬼 手の鳴るほうへ

闇に浮かぶ彼岸花

紅い色 契彩

鮮やかに川を燃やし

帰り道もわからない

You may also like...