《MISTYDECADE Ver》歌詞:by 天野月子 天野月 mp3歌詞

溫馨提示:美國Kindle友兩重福利 免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Amazon Audible 30天

貴方の聲が 聞こえなくなって

私の花は枯れた

「連れ戻してよ」と「行かないでよ」と

見えないその手を 掻きむしった

あなたはとても 柔らかすぎて

私じゃ摑めなかった

今更なにかが 欲しいんじゃない

止まない心が 膨れあがるだけ

逃げ出しても 吐き出しても

囚われてるany way

思い出は優しいそのまま

夢 MISTY

その聲が その仕草が

白くなっていくのに

私だけひどく熱くて

木漏れ日の中 糧を探して

私は低くなってた

濁るばかりなら それならいっそ

縁取る全てが 黒くなればいい

幾重にも 積み重なる

諦めた季節に

思い出は優しいそのまま

夢 MISTY

この腕を伸ばしても

摑めるはずないのに

幻はそこで蠢く

眩しいカケラ集めて

その言葉も忘れて

私はただ霞をくらう

逃げ出しても 吐き出しても

囚われてるany way

思い出は優しいそのまま

夢 MISTY

その聲が その仕草が

白くなっていくのに

私だけまだ熱いよ

幾重にも 積み重なる

諦めた季節に

思い出は優しいそのまま

夢 MISTY

この腕を伸ばしても

摑めるはずないのに

私だけひどく熱くて