《天壌を翔る者たち》歌詞:by KOTOKO Love Planet Five mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

Love Planet Five

天壌を翔る者たち

作詞:KOTOKO

作曲:高瀬一矢

無言のまま闇に突き立てた刃が叫んで

紅蓮を背負う瞳が脈を打つ

いつか運命(さだめ)と道を選んだ

全て飲み込む炎溝(えんこう)

消えそうな揺れる燈(ひかり)に目を伏せた

小さくはいた息が暖かくて

今、感じている

これが紛れもなく“存在”なんだと

天壌(てんじょう)に許された孤高の時間(とき)が砕け散る

出會いは閉ざす胸の扉叩いて

告げられぬ真実を君の涙に変えぬよう

新たな勇気を見つけたいよ

燃える空(くう)の果てに

明日もきっと何も変わらず影踏みあう人たち

命の聲を聞けずに ただ歩く

いつからかそっと寄り添っていた

全て知ったような笑顏

無関系を裝って背を向けた

ため息ついた君が切なくて

胸に感じている

これがもしかしたら“愛情”なんだと

天穹(てんきゅう)に放たれた孤高の君を抱き締める

小さな肩は雫のように震えて

突き刺さる現実を心の剣で突き返す

壊れぬ勇気を見つけたいよ

強い風のように

天光(てんこう)に守られた孤高の夢を取り戻す

芽生えた炎 胸の奧に燈して

飛び越える 限界を

君の翼になれるよう

繋がる勇気を見つけたいよ

燃える空(くう)の果てに

You may also like...