《襟裳岬》歌詞:by 作詞:岡本尾佐野 香西かおり mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

作詞:岡本尾佐野

作曲:吉田拓郎

襟裳岬(襟裳為地名,襟裳岬即在北海道日高山脈與太平洋交接處的海角)

在北方的城鎮似乎 已經開始用暖爐

來燃燒憂傷了

為了一些莫名其妙的事情而

煩惱的同時

人會很快地衰老

所以我們把持續沉默的歲月

拾起并聚集起來 互享溫暖吧

襟裳的春天 是空無一物的春天

你已經是喝了第二杯了吧 咖啡杯里

放了一塊方糖

將從前扔掉的繁瑣雜事

已經忘掉的事情

不停地攪拌著

過去了的夏天的氣息

回想起來真令人懷念啊

襟裳的春天 是空無一物的春天

每天的生活即使厭煩 也一樣會來臨

靜靜地笑吧

只有個性怪僻

才能生存

因為過于嬌生慣養

所以才擺架子這樣說話

啊!我很懦弱膽小吧

襟裳的春天 是空無一物的春天

耐不住寒冷的朋友來訪了

不要客氣 來暖和一下再走吧

北の街ではもう 悲しみを暖爐で

もやしはじめてるらしい

わけのわからないことで

悩んでいるうちおいぼれてしまうから

だまりとおした歳月を

ひろい集めて暖めあおう

えりもの春は何もない春です

君は二杯めだよね コーヒーカップに

角砂糖を一つだったね

すててきてしまった

わずらわしさだけを くるくるかきまわして

通りすぎた夏のにおい

想い出してなつかしいね

えりもの春は何もない春です

日々のくらしはいやでも やってくるけど

靜かに笑ってしまおう いじけることだけが

生きることだと かいならしすぎたので

身構えながら話すなんて

ああ おくびょうなんだよね

えりもの春は何もない春です

寒い友だちが訪ねてきたよ

えんりょはいらないから 暖まってゆきなよ

You may also like...