《傘》歌詞:by 竹仲絵里 竹仲絵里 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

「おめでとう」って何度 友達を見送ってきたかな?

呟く私を笑いながら またはぐらかすのね

慌ただしい日々 心にぽっかり穴が空くのは

守られ愛されたくて ちょっとだけ羨ましいから

どんな時も そうだよ 同じ空の下生きてる

私が今 輝くことが 奇跡を連れて來るなら

迷った日々にさよなら 大丈夫 私らしくていい

嵐の日はあなたを包み込む 小さな傘になりたい

いつもの景色 なぜか不思議

公園でははしゃぐ 子ども達が妙に

愛しく思えて 抱き上げたくなる

夢追いかけ すり切れて ふたり見上げてた星空

私らしくいられる場所が ここにあると気付いたの

たとえば 足下に咲く黃色い花のようにね

あなたが戦 い疲れた日は 安らぎをあげたい

迷った日々にさよなら 大丈夫 私のままで

嵐の日はあなたを包み込む 小さな傘になりたい

心の窓辺に虹を架ける あなたの傘になりたい

You may also like...