《空想世界とオモチャの心臓》歌詞:by まふまふ まふまふ mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

誰にも愛されずに笑い者になって

ひとりぼっちには慣れすぎて

隠したように背負い込んだ 歪な発條も

自分じゃ巻けないようなガラクタさ

もし書き直せる御話しなら

僕が自分に生まれたことも

捨ててしまいたい

空想世界でもやられ役で

外れるスポット オモチャの心拍數

ほらドク ドク ドク どれだけ走り回っていたって

僕がいなくても世界は廻るようにできているんだ

みんなで同じ顔して 箱詰めにされて

ひとりぼっちで彷徨うだけ

例えば明日誰かにさらわれたって

誰も気付いちゃくれないだろうな

精一杯に背伸びをしてみても

小さな僕を 慘めな僕を

誰も見ちゃくれない

いつも夢見てた未來はもう

立ちはだかる主役が持っていた

ほらドク ドク ドク どれだけ走り回っていたって

僕がいなくても君が笑えるような世界だ

そうずっとちっちゃな頃の思い出は

何も変わらないって笑い掛け

いつか信じた僕の足だけ先へ進む

このまま聲も出せずに さよならなんて嫌だよ

空想世界でもやられ役で

外れるスポット オモチャの心拍數

ほらドク ドク ドク どれだけ明日を信じていたって

僕がいなくても世界が廻るなら

世界が無くても僕は笑うから

それでいいや

誰にも愛されずに笑われるだけの

ひとりぼっちの「僕ら」の唄

You may also like...