《陽はまた昇る》歌詞:byDOES mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

時(とき)は流(なが)れるリズムに乗(の)せて

踴(おど)り明(あ)かした青春(せいしょう)が

夢(ゆめ)に現(うつつ)を抜(ぬ)かしてまわる

流行(はや)りに飽(あ)きてしまうと

きらめく街(まち)の燈(あか)りが消(き)えて

陽(ひ)はまた升(のぼ)る

夜(よる)の優(やさ)しさを朝(あさ)に忘(わす)れて

人(ひと)ごみの中(なか)で迷(まよ)い泣いた午后(ごご)

古(ふる)い悲(かな)しみを夕日(ゆうひ)で滲(にじ)ませ

新(あたら)しい夜(よる)を越(こ)える支度(したく)にかかる

仆(ぼく)は転(ころ)がる石(いし)の一粒(ひとつぶ)

積(つ)もる瓦礫(がれき)恐(おそ)れて

居(い)たり逃(に)げたり似(に)たり寄(よ)ったり

いつも同(おな)じ心象(しんしょう)風景(ふうけい)

あまねく続(つづ)く都市(とし)の影(かげ)絵(え)に

陽(ひ)はまた落(お)ちる

朝(あさ)の愛(いと)しさを夜(よる)に忘(わす)れて

仮初(かりそ)めの光(ひかり)求(もと)め呑(の)んで候(そうろう)

道(みち)なき道(みち)とか英雄(えいゆう)に憧(あこが)れ

世知辛(せちがら)い明日(あす)を生(い)きる腹(あら)積(つ)もりで

ふいに昔(むかし)の歌(うた)が聴(き)こえて

あの日(ひ)の想(おも)い掠(かす)める

仆(ぼく)の夜(よる)が壊(こわ)れ始(はじ)める

君(きみ)の愛(いと)しさを時(とき)に忘(わす)れて

とめどなく浴(あ)びる酒(さけ)に酔(よ)って朦朧(もうろう)

危(あや)うい眼差(まなざ)しをどこかに舍(す)てて

行方(ゆくえ)知(し)れず彷徨(さまよう)えるこの頃(ごろ)

夜(よる)の優(やさ)しさを朝(あさ)に忘(わす)れて

人(ひと)ごみの中(なか)で迷(まよ)い泣いた午后(ごご)

古(ふる)い悲(かな)しみを夕日(ゆうひ)で滲(にじ)ませ

新(あたら)しい夜(よる)を越(こ)える支度(したく)にかかる

You may also like...