《ミラーワールド》歌詞:by こだまさおり 神谷浩史 mp3歌詞


神谷浩史

ミラーワールド

作詞:こだまさおり

作曲:山田竜平

うかない顏してる仆の分身

調子は? 変わりないならまずまずのうちさ

いつから“普通”はもう普通以下で

鏡の自分が好きじゃなくなってた?

面構えは相変わらず知ったような顏で

責任も程遠い絵空事

押さえつけた消化不良の自意識たちが

次のフラストレーション 亂反射していくね

迷い込んだままの世界 同じような顏が并ぶ

掃いて舍てられる順番を待ってるだけ?

噓みたいに晴れた午后は 柄じゃない笑顏で會おうよ

過剰な期待と手を組んで ぴったりの自分を映せ

ミラーワールド

仲間や運命のせいにしてた頃は

多少の后悔もボンヤリとしたままで

そんなのがこの街のムードだと

都合よくなんでか、思い込めてたね

ぶち壊したつもりで今までだって

びくともしない毎日に背を向けて

跳ね返ってそれはきっと逃げにも似てた

なんて面倒な 多面體の世界で

いつも通りとはいかない 泳いだ目線の行方

見たこともない表情がきっとある

予定調和なドシャ降りに 虹を愿えるほどピュアじゃない

だけど雨上がりを知ってる 今日の自分で立ってるんだ

確かに

迷い込んだままの世界 同じような顏が并ぶ

掃いて舍てられる順番を待ってるだけ?

噓みたいに晴れた午后は 柄じゃない笑顏で會おうよ

過剰な期待も馴染んでく ぴったりの自分を映せ

ミラーワールド