《ハルカカナタ》歌詞:by 郡島陽子 UNLIMITS mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

見上げていたのは百角形の宙(ソラ)

-100℃のすれ違う視線に

凍てつく心臓 握りしめた手は

ギラギラ汗ばんでいた

甘くて苦いコンクリートの街で

ハルカカナタ 遠くの空へ

飛んでゆける 僕らの聲は

高く高く どこまでも遠くへ屆けて

この街に溢れるエゴイストのルール

重たい鎖に繋がれた手足

それでも僕らは引きづられないように

もがき続けているんだ

殺さないで 君の答えを

僕は見えないふりしないよ

隠さないで その手の中にある念(オモ)いを

操られた 歪んだ世界で

叫んでみせる 僕だけの聲で

ハルカカナタ 僕らの明日は

誰も知らない 誰も消せない

深く強く 突き刺さる想いを信じて

You may also like...