《サンドリヨン》歌詞:byKAITO mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

サンドリヨン(Cendrillon) – 初音ミク

朝まで踴る夢だけ見せて

讓你做著只有舞至明天的夢境

時計の鐘が解く魔法

由時鐘鐘聲來解除的魔法

曖昧な指誘う階段

曖昧的指尖 邀引的階梯

三段飛ばしに跳ねていく

雀躍輕盈飛奔躍去

馬車の中で震えてた

在馬車中顫抖不已

みじめな古著めくり廻れ夜の舞踏

輕拉起簡陋舊衣裙擺 一回旋 夜之舞蹈

見知らぬ顔探す

尋找著未曾謀面的容顏

囁くあの聲が

那聲音低語

握り締めた 刃 衝きたて

握緊你的刀 向前沖去

すべてを奪えと

將所有一切都奪去

孤児(みなしご)集う城 笑み仮面に描いて

群聚孤兒的城堡 描繪著微笑的面具

偽りの慈しみさえ羽で包む熾天使(セラフ)

連虛偽的慈悲 熾天使都以羽翼覆落包圍

灰の中で赤く溶けて混じる硝子の靴

灰色中溶混一絲赤紅的玻璃鞋

今更帰る震えているの

事到如今才想離去而發顫

あなたが目をやる時計

你的眼角余光掃過指針鐘面

靴脫ぎ踴るスロープ抜けて

輕舞中脫去鞋子穿過坡臺

喉まで伸びる指の先で

以那伸至頸項的指尖

すくう雫口付けて

攫取銀沫 深深接吻

走る衝動背骨抜けていく剎那

奔馳竄流的沖動貫穿背脊 的剎那間

鐘は鳴らさないで

鐘聲啊請別響起

あなたにひざまずき

我于你的跟前屈膝

まだダメと叫んだ右手が

尖叫著 還不可以 這右手

突き刺すサヨナラ

一旦刺落即是別離

消せない硝煙を香水にまとう姫

以揮之不去的硝煙味做為香水纏繞的公主

強い瞳僕の凍った仮面ごと撃ち抜く

那強烈的雙瞳 擊落了我凍結的面具

今も耳にあなたの吐息が

如今也仍近在耳邊

突き刺さるの遠い夢

你的呼息刺穿我的遙遠夢境

ステンドグラスごし光る月が

穿越七彩玻璃的月色微明

君にかぶせたベール

是層薄紗遮掩住你

ドレス膝で裂いて

禮服群擺于膝下撕裂

ティアラは投げ捨てて

發冠扔出丟棄

見つめあう瞳と瞳が

彼此凝視的雙瞳 流蕩火花

火花を放つ

孤獨靈魂如烈焰般相互吸引

孤獨な魂が炎あげ惹かれあう

若那淚水無法挽救

その涙すくえないならまるで一人遊び

這就只宛如一場獨角戲

時よ止まれ今は

時光啊停止吧 此時此刻

あなたに酔いしれて

只想全心沉醉于你

揺れる鼓動一つ一つを

搖晃的每一個鼓動

刻み付けてたい

都想將之深深刻印

とどまれ熱く濡れ打ち付ける昂まりに

停止在深嵌灼熱濕濡的昂揚上

これ以上は動けないよまるで御伽噺(フェアリィテイル)

無法再動彈一分一毫 彷佛身處童話

You may also like...