《蕚Utena 》歌詞:by peЯoco. 花たん mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

蕚 – Utena

arrangement: katsu

lyrics: peЯoco.

vocals: 花たん

original title: 死體旅行 ~ Be of good cheer!

どんな悲しみも歩き出せたなら…

君の花を咲かせる為、僕は蕚になる。

閉じたその扉 握る手痛んだ

滲む紅を気にも留めず

いつか叩いていた

何時でも人は何故が奪い合う。

虛しい欲望掲げ

花弁散る、その時まで

僕等を繋ぐのは

白い薔薇に秘めた契りだけ

遠く遠い昔、幼い記憶に

未だ助けられない君を

きっと思っていた

何時でも人は何故が夢を見る。

永遠という奇跡を

花弁散る、その時まで

僕等を急かすのは

胸に堅く結ぶ命だけ

遠く遠い昔、幼い記憶に

未だ助け出せない君を

ずっと思っていた

こんな悲しみ歩き出せるから

君が花を咲かせる為、僕は蕚になる。

You may also like...