《さくらのみち》歌詞:by くまりす 花咲あんな mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

原曲:【死霊の夜桜】

仕掛けた目覚ましが鳴る前に止めて

鏡とにらめっこまとまらない気持ちと

絶対変だよって思われる そうだよ

きっと今日も大切な日になる

慣れないキャミソール 丈思い切って短めで

桜舞うこの道でキミが走ってくる頃に

「私もいま來たばかり」といつもの言葉チョイスして

読み終わった小説の栞かばんにしまうの

浮かない顔をした 誰?

ガラス越しに覗いたキミの顔

ちょっと不安になるかも

絶対変だよって思われた そうだよ

きっと今日もさいあくな日になる

出會って初めての言葉が出ない長い間に

しびれだす指先に気持ち必死に抑えた後

キミがいきなり差し出した

キラキラ光るイヤリング

不意打ちでこみ上げる

[今日は出會った記念日]

いつもの長い道のりも今日はぐっと短いな

雪にように積もる花びらがいつもより綺麗で

明日はまた違うキミと色鮮やかな戀をする

毎日が美しいそれは素敵な毎日

慣れないキャミソール 丈思い切って短めで

桜舞うこの道でキミが走ってくる頃に

「私もいま來たばかり」といつもの言葉チョイスして

読み終わった小説の栞かばんにしまうの

You may also like...