《打ち寄せられた忘卻の殘響に》歌詞:by TECHNOBOYS PULCRAFT GREENFUND 大竹佑季 mp3歌詞



免費試用 Kindle unlimited 電子書包月服務 30天,試用入口:https://amzn.to/341Dqhf

免費試聽 Amazon Audible 有聲書 30天。試聽申請入口:https://amzn.to/39CBmNR

足下に打ち寄せるのは記憶の欠片

砂の様にさらわれてく、いつわり

くずれて…消えてしまう

過ぎ去ってしまった想いの殘響に

優しく觸れた指先は形をくれた

その美しい微笑みの奧にはきっと

白い、脆い…真実 それだけを留めるの

なにも纏うことを許されない祈りの

遠い聲が響く

今は未だ胸で囁く記憶の欠片

時という波の音に、いつかは

紛れて…褪せてしまう

「忘れたいとは思わないなら…」と

告げた貴方は、殘響を繋ぎあわせた

ただ美しいままであれば構わないと

白い、脆い…真実、それだけを求めても

繕うことさえも適わない綻びを

痛む聲が響く

知りたいから手を伸ばした

此処にはまだ、ありのまま殘っている

その美しい微笑みの奧にはきっと

白い、脆い…真実 それだけを留めるの

なにも纏うことを許されない祈りの

遠い聲が響く

You may also like...