《わがろうたし悪の華》歌詞:by 寶野アリカ ALI PROJECT mp3歌詞


濁世は鬼 正義は何ぞと

問うまえに抗えよ悪徳の華

偽善の夢視し目には目を差し

生も邪も分かたれることなし

光は絶え胎児のように

君は眠る闇の子宮

孤獨こそ愛おしい

唯一の味方となるだろう

ひとりひとり血汐にまみれ

この時代に生まれ落ちた

選ばれし皇子らよ

戦いこそ祝筵

ああ我は麗し 全智

愛の母 君を産む

この乳に育みしものは

地獄の同胞

黙示の印 真理は何ぞと

知りもせず埋もれし隠匿の種

諸刃の剣抜く刃には刃を向け

守るべきものだけを信じて

有るがままに君は君を放て

斷末魔の叫びを浴びて

爛熟せしこの世界に

呑み込まれ意を殺がれ

ただ生きる屍の群れ

それは君が踏みしだくもの

哀れむことは易けれど

救われず掬われる

裏切りの人の道

ああ我は臈たし 美徳

母の愛 君を喰む

この腹に孕み続けるは

異形の翼か

獄司の錠 真実は在りや

探せども果てもなし混沌の檻

審判の矢射る手には手を觸れ

虛と実が折れ曲がり交わる

夜明けるまで君は君に淫す

盛れよ咲けよ

散り急ぐことなかれ

黙示の印 真理は何ぞと

知りもせず埋もれし陰徳の種

諸刃の剣 抜く刃には刃を向け

守るべきものだけを信じよ

濁世は鬼 正義は何処と

問うよりも咲き誇れ悪徳の華

偽善の夢視し目には目を差し

生も死も境界はあるまじ

最期の刻 君は君に殉じ

すべてを抱き 悟らん