《夏空》歌詞:by 愛 大塚愛 mp3歌詞


初夏の頃は

どんなにお互いが

ひかれあって

小さな事でも

幸せ感じられた

雨か降って

びしょびしょに濡れた

あたしの涙は

すぐにやんだはずなのに

二人の間には

水たまりができていた

過きてゆく夏空

せつなさをつれてく

ゆるぎない愛に飢えて

そっと空に歌う…

晴れ

花ビラを落とした夏の花

結果的に好きだったんだけど

どうして見つけられなかったんだろう

ちゃんと見れてなかったんだろう

桔れてゆく夏空

終わってく予感を

胸にちゃんと伝えて

この想いも

そっと空に歌う…

雨 過きてゆく夏空

どんな日よりもキレイで

暖かい日々こ手を振って

そっとあたしに歌う…

LaLaLa…

LaLaLaLa…

LaLaLaLa…

LaLaLaLa…

LaLaLaLa…

LaLaLaLa…