《蒼き月満ちて》歌詞:by AKIRA SUOUSaku AKIRA mp3歌詞

無需破費用 30天Kindle unlimited:https://amzn.to/2NNksoy

無需破費用 Audible有聲書30天:https://amzn.to/2MPAazN

免費試用Amazon Prime會員30天買Kindle Paperwhite 4 優惠45刀買Oasis 優惠80刀! (Prime會員可直接買)

蒼き月満ちて – Akira

冷たい夜 傷跡照らす 蒼い月

冰冷之夜 蒼月照亮傷痕

云に陰る ひと時の愿い

片刻的愿望 隱藏在云后

落ちていく涙さえ

就連掉落的眼淚

偽りと引き換えに

換來的也不過是虛偽

言い訳を繰り返して

不斷重復著辯解

闇を生きる

生活在無盡的黑暗中

この悲しみの果てにある明日は

這片悲傷的盡頭可否有明天

怯えてるこの心

怯怯膽顫的這顆心

ただ蒼く染めてく

徒留月色籠罩的蒼藍

噓に涂れた美しき世界で

在這個謊言堆砌的美麗世界

霞ゆく眩しさに

霞光閃耀著

手を伸ばそうと月を仰いだ

只為伸手觸摸 此刻獨自仰望蒼月

描いた噓 眠ったままの淡い歌

遠方模糊不清的光芒 陷入沉睡的淡歌

歪つなまま 滲み出す想い

扭曲依舊 漸漸滲出的思緒

魅せられた 幻想に

已化作魅惑夢境

すり替わる現実は

現實在不知不覺間

過ちを積み重ねて

曲依舊 漸漸滲出的思緒

深く沈む

最終墜落黑暗深淵

この苦しみが絡みゆく鎖は

苦痛交纏的鎖鏈

止めどない痛みさえ

就連永無止境的傷痛

永久に繋いで行く

也通往永恒的世界

守りたいのは泡沫の溫もり

欲守護之物不過是泡沫般的溫暖

阻まれた靜寂は

被阻擋的靜寂

寄り添うように佇んでいた

相依相偎佇立在原地

満ちていく月に

仰望漸漸盈滿的蒼月

儚げな言葉を浮かべては

腦海浮現出虛幻的話語

また飲み込んだ

而后吞咽在腹中

この悲しみの果てにある明日は

這片悲傷的盡頭可否有明天

怯えてるこの心

怯怯膽顫的這顆心

ただ蒼く染めてく

徒留月色籠罩的蒼藍

噓に涂れた美しき世界で

在這個謊言堆砌的美麗世界

霞ゆく眩しさに

只為伸手觸摸 遠方模糊不清的光芒

手を伸ばそうと月を仰いだ

此刻獨自仰望蒼月



You may also like...