《運命の人》歌詞:by 槇原敬之 槇原敬之 mp3歌詞

重磅!錯過再等一年(還剩21小時恢復原價)!32G Kindle Paperwhite 4 降價50美刀32G Oasis 降價80美刀


殘念な事に君は

僕の友人に戀してて

彼の事を聞きだそうと

誘われた焼き鳥屋を出た所

帰り道が同じ方向で

送ってけるのは嬉しいけれど

家の前に來ると改まって

禮を言う君がいつも少し寂しい

君が時々ぼんやり

遠くを見てため息付いてる

気持ち痛いほどわかる

君の事考えている僕と同じだ

他の誰かの事を

好きだと知った後でも

いきなり嫌いになれるはずもなく

當面は君を好きなまま

ハシカみたいな戀だったと

笑える時が來るのかな

それともこのまま

一人で君を想いながら

年を取って行くのかな

見送る道のウィンドウは

秋冬の服を著せられた

マネキンが並んでいて

ダブって僕らが映っている

こういう時どう思うの?とか

どっち貰う方が嬉しいの?とか

男心のサンプリングに

必死な橫顔に笑えた

はぐらかす事も出來るけど

真面目に答えてしまうのは

君の戀が上手く行けばいいとも思う

僕もいるから

他の誰かの事を

好きだと知った後でも

いきなり嫌いになれるはずもなく

當面は君を好きなまま

この人こそがきっと

運命の人に違いないと

出會うその度に

思ってしまうのが

戀のやっかいな所だ

夏の終わりの匂いがする

風が今日この街に吹いた

移ろう季節の中で

僕は移ろわない気持ちもてあましている

ハシカみたいな戀だったと

笑える時が來るのかな

それともこのまま

一人で君を想いながら

年を取って行くのかな

まぁ たぶんそれはないよな

ちゃんと気付けるかな

運命の人と會ったら

君だったらいいのに