《雪の華(Acoustic)》歌詞:by Satomi 中島美嘉 mp3歌詞


雪の華-中島美嘉

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ

不斷延伸的影子 在紅磚道上并列

夕闇のなかを君と歩いてる

在深夜里與你并肩走著

手をつないでいつまでもずっと

永遠緊緊牽著手

そばにいれたなら

只要能在你身旁

泣けちゃうくらい

我就感動得快要哭了

風が冷たくなって

風兒變得寒冷

冬の匂いがした

有了冬天的味道

そろそろこの街に

這條街也即將到了

君と近付ける季節がくる

能和你接近的季節來臨

今年、最初の雪の華を

今年 最初的雪花

ふたり寄り添って

向我倆靠近

眺めているこの瞬間(とき)に

在眺望著的這個瞬間里(時間)

幸せがあふれだす

充滿了幸福的喜悅

甘えとか弱さじゃない

沒有撒嬌和脆弱

ただ、君を愛してる

只是 愛你

心からそう思った

打從心底愛你

君がいるとどんなことでも

只要有你在 無論發生什么

乗りきれるような気持ちになってる

都會有可以克服的心情

こんな日々がいつまでもきっと

我祈禱著 這樣的日子

続いてくことを祈っているよ

一定會直到永遠

風が窓を揺らした

風兒吹的窗搖

夜は揺り起こして

把夜晚搖醒

どんな悲しいことも

無論多么悲傷的事情

僕が笑顔へと変えてあげる

我用笑容為你改變

舞い落ちてきた雪の華が

雪花飛舞飄落

窓の外ずっと

在窗外一定

降りやむことを知らずに

不知何時雪已停

僕らの街を染める

把我們的街道染色

誰かのために何かを

為某人想做

したいと思えるのが

些什么事

愛ということを知った

原來 這就是愛

もし、君を失ったとしたなら

如果 失去了你

星になって君を照らすだろう

我會變成星星照亮你

笑顔も涙に濡れてる夜も

微笑或被淚水沾濕的夜晚

いつもいつでもそばにいるよ

我會永遠在你身旁

今年、最初の雪の華を

今年 最初的雪花

ふたり寄り添って

向我倆靠近

眺めているこの瞬間(とき)に

在眺望著的這個瞬間里

幸せがあふれだす

充滿了幸福的喜悅

甘えとか弱さじゃない

沒有撒嬌和脆弱

ただ、君とずっと

只是 想永遠地

このまま一緒にいたい

就這么一直在一起

素直にそう思える

我真心地這么想

この街に降り積もってく

在這條街上堆積的

真っ白な雪の華

純白雪花

ふたりの胸にそっと想い出を描くよ

悄悄地在我倆胸口畫上回憶

これからも君とずっと…

從今而后也要永遠和你在一起