《18年目の夜》歌詞:by伊達幸志 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

07 18年目の夜

第18年之夜

伊達晃二

いつの時代がよかったなんて 何時的時代是美好的時代呢

俺には何も知りませんが 我全部都無從知曉

いつの目にか薄汚れた瞳の俺が 什么時候 我的眼也蒙上了淡淡的污垢

そこに立っていました 曾站立在那里

夢を見れば現実を叩かれました 若凝視夢境 隨即被現實叩醒

現実を見たら歩けなくなりました 而一旦直視現實 雙足便無法前行

誰かを愛せば傷つきました 去愛誰的話 會受傷吧

誰かを愛せば不安になりました 去愛誰的話 會變得不安的吧

巡りに巡ったそんな日々でした 度過了周而復始的日日

今日が俺の最後の17の夜です 今天是我 17歲最后的夜晚

命ある限り 俺は唄を唄い続けたい 在生命的限界之中 我想繼續不斷地歌唱

男である限り 誰かを守って生きて生きたい 在男人的限界之中 我想守護著誰而生存

夢がある限り 俺はどこまでも走り続けたい 在夢想的限界之中 我想繼續不斷地奔跑

愛がある限り 誰かを愛していきて行きたい 在愛的限界之中 我想去愛著誰 度過人生

MUSIC

弱さを語ればっけあがられました 如果說軟弱就會被人輕視

強さを語れば虛しくなりました 如果說強大就會變得空虛

腹を割り語り合えた友達にも 即便是對推心置腹的朋友

疑いながら聞いている俺がいました 我也曾邊懷疑著 邊聽他們的話

もう何もかもが信じられませんでした 已經不能再去相信什么

何もかもが偽りに見えました 什么都能看到虛假

だけどそんあとき助けてくれたのも 人間でした 可是 在那樣的時候 給予我幫助的也是人

巡りに巡ったそんな日々でした 度過了周而復始的日日

明日こんな俺も18になります 明天 這樣的我也要18歲了

命ある限り 男である限り 在生命的限界之中 在男人的限界之中

夢がある限り 愛がある限り 在夢想的限界之中 在愛的限界之中

end

You may also like...