《噓》歌詞:by マオ シド mp3歌詞


あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は憶えていますか

約束 契り 初夏の風が包む 二人 寄り添った

無理な笑顔の裏 伸びた影をかくまう

だから 気づかぬふり 再生を選ぶ

テーブルの上の 震えない知らせ 待ち続けて

空白の夜も 來るはずのない朝も 全部わかってたんだ

あの日見た空 茜色の空を ねえ 君は忘れたのでしょう

約束 千切り 初夏の風に消えた 二人 戻れない

音も 色も 溫度も 半分になった この部屋

今日も散らかしては 揺れ 疲れ 眠る

「上手に騙してね 噓は嫌いで好き」君の言葉

今頃になって 気持ちは痛いほど だから 僕ら さよなら

いつかまたねと 手を振り合ったけど もう逢うことはないのでしょう

最後の噓は 優しい噓でした 忘れない

あの日見た空 茜色の空を ねえ いつか思い出すでしょう

果たせなかった 約束を抱いて 二人 歩き出す