《quotいちご白書quotをもう一度 (荒井由実)》歌詞:by 荒井由実 河村隆一 mp3歌詞

新用戶無需破費用30天Kindle unlimited:https://amzn.to/2NNksoy

新用戶無需破費用Audible有聲書30天:https://amzn.to/2MPAazN

免費試用Amazon Prime會員30天買Kindle Paperwhite 4 優惠45刀買Oasis 優惠80刀! (Prime會員可直接買)

いつか君といった 映畫がまたくる

授業を抜け出して 二人で出かけた

哀しい場面では 涙ぐんでた

素直な橫顏が 今も戀しい

雨に破れかけた 街角のポスターに

過ぎ去った昔が

あざやかに よみがえる

君もみるだろうか 「いちご白書」を

二人だけのメモリー どこかでもう一度

仆は無情ヒゲと 髪をのばして

學生集會へも 時々出かけた

就職が決まって 髪をきってきた時

もう若くないさと

君にいいわけしたね

君もみるだろうか 「いちご白書」を

二人だけのメモリー どこかでもう一度

雨に破れかけた 街角のポスターに

過ぎ去った昔が 鮮やかによみがえる

君もみるだろうか 「いちご白書」を

二人だけのメモリー どこかでもう一度

二人だけのメモリー どこかでもう一度



You may also like...