《白き者へ》歌詞:by 熊木杏里 熊木杏里 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

作詞:熊木杏里

作曲:熊木杏里

夏色 夏色 君はぼくの夏の景色

いつでも遠くで想う 君の聲 君のこと

美しさに手を伸ばし 目を閉じる君

行かないで まだ ぼくを獨りにして

行かないで 行かないで 行かないで

まなざしは海の先へ 裸足の心は空へ

果てないのはぼくの夢 想い出

君を幸せにできないぼくだよ

それでも生きていかなくちゃいけないなんて

別にぼくじゃなくてもいい戀だったのかな

そんなこと 考えるけど

輪になって1人きりじゃないと思ってごらん

君に會いたくて 會えないぼくはここにいる

海岸通りを走るように 追い風感じて 立っているよ

似ている言葉 使う人だと思ってた

自分の気持ち ひとり占めにして

誰のことも好きじゃない フリをして

君がいないからどこかに ぼくのいない君がいる

そんな風に考える 夏の日

頬をさわる手 ぬくもりを分けたね

裸になって抱き合って命を感じた

世界が終わってもいい時だったのかな

そんなこと 言えないけど

寄り添って歩けなくなって君が愛しい

他の人には渡したくなくて苦しい

真夏の街にいるように 蜃気樓みたいな ぼくなんだよ

君を幸せにできないぼくだよ

それでも生きていかなくちゃいけないなんて

忘れ物したみたいに 毎日君を探しているよ

夏色 夏色 君はぼくの夏の景色

いつでも遠くで想う 君の聲 君のこと

You may also like...