《僕は君を連れてゆく》歌詞:by 工藤哲雄 SMAP mp3歌詞

溫馨提示:美國Kindle友兩重福利 免費試用Kindle unlimited 30天免費試聽Amazon Audible 30天

冷たい雨が降る波間は靜かで

體を震わせ海鳥が飛んだ

長い坂を降りて浜辺で燃やそう

置き去りにされた幾つもの涙…

ポケットのなか、指を絡めあった。

僕たちが望むすべて

あてどもなく遠いけれど

君に戀をした瞬間の僕を忘れない

世界中の愛が移ろい流れても

きっと僕は君を連れてゆく

いつかその心に

でっかい虹を架ける

二人は砂浜に文字を書くように

ほんとの気持ちを波に隠してた

永い夜を越えて夜風をさまよい

喧嘩したあとは會いたさがつのる…

冷えた頬に、そっと頬をあてた。

泣いたこと笑った日々

すれ違いも歴史になれ

戀は長い坂道を登る旅人みたいだね

遠いゴールを見て諦めたりもする

だけど僕は君を連れてゆく

もしも疲れたなら

僕の胸で眠れ

戀はまるで望遠鏡から覗く星のようさ

腕を伸ばすだけじゃ何にも屆かない

だから僕は君を連れてゆく

変わらない想いは

君の宇宙になる