《茜空に願ふ》歌詞:by 森由里子 mao mp3歌詞

新戶無需破費用30天Kindle unlimited:https://amzn.to/2NNksoy

新戶無需破費用Audible有聲書30天:https://amzn.to/2MPAazN

如果你喜歡聽浪漫愛情故事,新戶無需破費就可以暢聽Audible Escape 一個月:https://amzn.to/2ZJN3RI

茜さす夕陽が照らす橫顏を見つめ

そっと願ふ 燃ゆる天(そら)よ 時を止めていて

悲しみを背負いて直向(ひたむき)に進む貴方

葉うならば追いかけてゆきたい 險しきこの道を

遠く遠く 流るる雲

たとえ今が儚くとも

傍に居たい この心を

染めゆく陽(ひ)は永久(とこしへ)だから

絆だけ信じて

言問へば(こととえば)淚が溢れてしまふ氣がして

天(そら)を見上げ默ってゐた 夕闇の中で

もしどんな運命(さだめ)に遭ふとも悔やみはしない

いとし御胸(みむね)添へる日を夢見て

附いてゆけるのなら

淡く淡く 消えゆく空

季節(とき)が全て塗り替へても

此處に居ます この心に

笑きし愛を永遠(とわ)に抱きしめ

この命果てても

日暮れの空を 鳥たちが

家(うち)へと掃る 山を越えて

あゝ 私も どんな時にも

貴方が掃る場所になろう

遠く遠く 流るる雲

たとえ今が儚くとも

傍に居たい この心を

染めゆく陽(ひ)は永久(とこしへ)に

淡く淡く 消えゆく空

季節(とき)が全て塗り替へても

此處に居ます この心に

笑きし愛を永遠(とわ)に抱きしめ

悠久の果てまで



You may also like...