《神田川》歌詞:by 南 高節 かぐや姫 mp3歌詞


あなたはもう忘れたかしら

赤い手拭いマフラーにして

二人で行った橫丁の風呂屋

一緒に出ようねって言ったのに

いつも私が待たされた

洗い髪が芯まで冷えて

小さな石鹸カタカタ鳴った

あなたは私の體を抱いて

冷たいねって言ったのよ

*)若かったあの頃

何も恐くなかった

ただあなたのやさしさが

恐かった

あなたはもう舍てたのかしら

二十四色のクレパス買って

あなたが描いた私の似顏絵

うまく描いてねって言ったのに

いつもちっとも似てないの

窓の下には神田川

三畳一間の小さな下宿

あなたは私の指先見つめ

悲しいかいって訊いたのよ

中文大意:

你已經忘了吧?

我倆把鮮紅的手巾圍在脖子上,

一塊去那小巷里的澡堂。

說好一起出來的,

可總是我在外邊等待。

濕漉漉的頭發冰涼冰涼,

一小塊肥皂和我一起打著寒戰,

你抱著我,說了句:

“真涼呀。”

你已經丟了吧?

那套24色的水彩筆。

你要給我畫像,

我總是叮囑你畫得好些,

可從來都不象我。

窗外流淌的是靜靜的神田川,

狹窄的小屋是我的天地。

你的眼神停留在我的指尖,

我問你:

“不高興嗎?”

在我年輕的時候,

不知道什么是恐懼。

可偏偏是你的溫柔,

讓我害怕。