《雪の轍(高田詩緒 Remix)》歌詞:by茶太 mp3歌詞

免費試用30天Kindle unlimited 電子書包月服務:https://amzn.to/2l0Pnl1

免費試聽30天Amazon Audible有聲讀物:https://amzn.to/2mysTZe

喜歡聽浪漫愛情故事?免費試聽Audible Escape一個月:https://amzn.to/2lE3Qnf

喜歡在線聽音樂嗎?免費試聽Amazon music Unlimited 一個月:https://amzn.to/2LAV03Z

雪の轍(高田詩緒 Remix)

歌:茶太詞:るーと

丸(まる)くて大(おお)きなからだ長(なが)いお髭(ひげ)がとても似合(にあ)ってる

粉雪(こなゆき)が舞(ま)い凍(こご)える體(からだ)を包(つつ)んでくれた

一緒(いっしょ)に駆(か)け抜(ぬ)けた時間(じかん)はいつも私(わたし)が置(お)いてけぼりで

貓(ねこ)のくせにってしっぽを振(ふ)りながら笑(わら)ってた君(きみ)

二(ふた)つの手(て)を重(かさ)ねるあぁ喧噪(けんそう)の中(なか)

必死(ひっし)で升(ます)きてきた夏のあの日々(ひび)

いつでもそばにいるよとそう君(きみ)がくれた

やわらかな存在(そんざい)深(ふか)く大(おお)きな瞳(ひとみ)まっすぐな眼差しを

もう一緒(いっしょ)には走(はし)れない君(きみ)の顔(かお)も霞(かす)んで見(み)えない

いつか教(おし)えてくれた生(い)きる意味(いみ)信(しん)じているから

雪道(ゆきみち)が赤(あか)く染(そ)まるただ暖(あたた)かくて

続(つづ)くはずのない暗闇(くらやみ)の孤獨(こどく)

最期(さいご)の願(ねが)いと想(おも)いこの手(て)で抱(だ)きしめ

幾千(いくせん)の消(き)えた願(ねが)いを胸(むね)に抱(だ)き愛(あい)する君(きみ)の血(ち)になる

You may also like...