《wind》歌詞:by うさ うさ mp3歌詞


抱き締めた腕に殘る香りさえも

通る風に攫われてく

手を伸ばせば屆くような距離

一人ただ目を伏せる

満ちた月傾き 空は東から白んで

僕たちは互いを知ってそれぞれの領域(せかい)へ還る

唇に觸れた冷たい指 言葉を遮る魔法をかけ

微笑んだ君の眼差しはもう 僕を見ずに

絡めてた指が放つ熱は

どこに置いて忘れてきたのだろう

月が見せた幻ならば

共に沈んで消えて

閉じ込めた心に かけた鍵を失って

いつの日か そんなことさえも 記憶の塵になって

人ごみに紛れ自分を隠し 平坦な道を歩いていた

風が運ぶ便り 呼び覚ます 何もかもを

同じ景色に誘う香りさえも

通る風に攫われてく

君がそこにいるはずも無いと

一人ただ目を伏せる

もし月が その放つ光に全て

香り乗せて降らすのなら

僕は二度と振り向く事など ないよ

抱き締めた胸に殘る痛みさえも

通る風に攫われてく

手を伸ばしても屆かないのは

そうさ わかっているよ