《神様のいたずら》歌詞:by 大江千里 中島愛 mp3歌詞


きみが指でつくるフレームには

タンポポの綿毛が映り込むよ

格子窓 竹細工 急な階段

懐かしい景色もそのままだね

塩田のにおいを吸い込んだら

高臺のポストから手紙を出そう

降りる駅も知らない未來のきみに

切符を一枚同封して

そこにあるなにげないこと

てのひらからこぼれてても

おそれないで 止まらないで

きみはきみのままでいて

神様は時々いたずらする

いちばん大切なものだけを

どこかに置き去りにさせて

ぼくたちを大人にするんだ

特別なことなどどこにもなく

出會えたぜんぶは偶然じゃない

たとえ悲しみに包まれても

笑顔だけは忘れないでよ

団地裏 綿帽子

大吉のでる神社の鳥居をくぐれば

真新しい光のシャワー

きみを包み込んでいく

真心と勇気でつながれば

一瞬はいつか永遠になる

夢の行き先はそれぞれでも

決してひとりじゃないよね

神様は時々いたずらする

いちばん大切なものだけを

どこかに置き去りにさせて

ぼくたちを大人にするんだ

きみを大人にするんだ