《ヘッドフォンアクター》歌詞:by じん LiSA mp3歌詞


その日は隨分と平凡で

當たり障り無い一日だった

暇つぶしに聞いてたラジオから

あの話が流れ出すまでは

「非常に殘念なことですが、

本日地球は終わります」と

どこかの國の大統領が

泣きながら話をするまでは。

窓の外は大きな鳥たちが空覆い盡くしてく渋滯中

三日月を飲み込んでどこかへと向かってる

やりかけてたゲームはノーセーブ

機にほぼ手つかず參考書

震える身體をいなす様にすぐにヘッドフォンをした

不明なアーティスト項目の

タイトル不明のナンバーが

途端に耳元流れ出した

「生き殘りたいでしょう?」

蠢きだす世界會場を

波打つように揺れる摩天樓

紛れもないこの聲はどう聞いても

聞き飽きた自分の聲だ

「あの丘を越えたら20秒で

その意味を嫌でも知ることになるよ。

疑わないで。耳を澄ませたら20秒先へ」

交差點は當然大渋滯

もう老若男女は関係ない

怒號やら赤ん坊の泣き聲で埋まっていく

暴れだす人  泣き出す少女

祈りだした神父を追い抜いて

ただ一人目指すのは逆方向

あの丘の向こうへと

ヘッドフォンから依然聲がして

「あと12分だよ」と告げる

このまま全て消え去ってしまうならもう術は無いだろう

ざわめき出す悲鳴合唱を

涙目になってかすめる10秒

疑いたいけど誰がどうやっても

終わらない人類賛歌

「駆け抜けろ,もう殘り1分だ。」

その言葉ももう聞こえない位に

ただ目指していた丘の向こうは

すぐ目の前に

息も絶え絶えたどり著いたんだ

空を映し出す壁の前に

その向こう白衣の科學者たちは

「素晴らしい」と手を打った

疑うよ。

そこから見る街の風景は

まるで実験施設の様でさ

「もう不必要だ。」

科學者は片手間に爆弾を投げた

箱の中の小さな世界で

今までずっと生きてきたんだなと

燃え盡きていく街だったモノを

ただ、呆然と見る耳元で

ヘッドフォンの向こうから

「ごめんね」と聲がした