《紋》歌詞:by 山崎寬子 喜多村英梨 mp3歌詞


囁く風の聲の旋律 時雨の心を攫い過ぐ

透かした紺碧の空は 桔梗に変わるの

移ろう幻は 赫焉として出づ

寄り添える追憶と共に巡らせ

重ねた燈菱の想いは辿り來た路の標

幾十許の言ノ葉よりもう一つの紋

駆け出す足音は遙か永久の遠音へ

纏った螺旋の誓いをこの両手で刻んでゆく

弾けた水泡の瞬間に 靜かな心もうち靡く

棚引く薄蒼の云は 鴇色の夕空に

揺らめく紅は 絆す囲いを抜け

夢現の狹間を飛び越えて行け

連ねた燈菱の想いは守り來た路の標

幾重の織色羽よりも一つの紋

始まりの瞳の奧は最果ての向こうへ

纏った確な誓いをこの両手で刻み込んでゆく

朧げな云居に響く 幾千の心聲

水面に映した琥珀の愿い

影踏みより先で宿して待て

天つ空よ

貫く燈菱の想いは紡ぎゆく未知の導

幾十許の言ノ葉より そう一つの紋

駆け出す鼓動はかな永久の遠音へ

纏った全ての誓いをこの身體で刻込んでゆく