《ジャスミン》歌詞:by牧野由依 mp3歌詞


自分がくやしくて 唇かむ時は

胸でつぶやいてみるよ 君のその名前

人に見られぬよう 頬をぬくう時は

そっと思いうかべるよ 君のその笑顏

心らいとしい人よ

どこへ続く夏のほとり

迷いながら遠い場所へ

けれど私 こわくはない

君に贈るこの花言葉

淡い 淡いジャスミンには

強い 強い思いがある

どんな時も顏をあげて

“ずっと私はついてゆくわ”

凜としていたくて ふいにくずれた時

そんな私を君だけ認めてくれたね

心から優しい人よ

今日はいつか風に散って

記憶の徑 薄れてゆく

けれど私 寂しくない

それは確かな證だから

走るすぎてく雨

におい立つ陽炎

なんて なんて高い空

どこへ続く夏のほとり

迷いながら遠い場所へ

けれど私 こわくはない

君に贈るこの花言葉

白い 白いジャスミンには

深い 深い想いがある

どんな時も どんな時も

“ずっと私はついてゆくわ”

當自己咬唇悔恨時

在心中輕輕念著你的名字

當我背著人群擦拭眼淚的時候

會靜靜的想起你的笑容

我心愛的人啊

一望無際的夏天的岸邊

迷茫著走向遠方

但是我并不畏懼

因為有你贈送的花語

在淡淡的茉莉花里

有強烈的思念

無論何時都能揚頭說到

“我會一直跟隨你”

在我瀕臨崩潰時

你容忍了那樣的我

從心底溫柔的人啊

今天終會消散于風中

記憶的小路 也會被埋沒

但是我并不寂寞

因為它確確實實存在過

雨過天晴的天空中

嗅出蒸騰的水氣

多么高的天空阿

一望無際的夏天的岸邊

迷茫著走向遠方

但是我并不畏懼

因為有你贈送的花語

純白的茉莉花里

有著深深的思念

無論何時無論何時

“我會一直跟隨你”